手作りの木のおもちゃ「くんぺい舎」

ID349 川口 訓平さん、川口純子さん

今年6月に開催した「あわマネーまつり」に、手作りの木のおもちゃ等で出店された川口さん。この度、お宅兼工房“くんぺい舎”にお邪魔して、お話をおうかがいしました。

 

ーー今日はよろしくお願いします!

(川口さんの作品の写真を見せていただく。車や動物の形のおもちゃ、机や椅子、棚、譜面台・・・)

すごい!どれも素敵ですね〜。あわマネーまつりに出店していただいたときは、木のおもちゃが、子ども達に大人気でしたね!川口さんが木工を始めたきっかけは、何だったんですか?いつ頃から?

K しばらく、トラックの運転手をしてたんですけど、なんだか満たされなくて・・。もの作りをしたいと思って、木工の職業訓練校に行ったんですよ。

ーー東京で?

K ええ、品川と足立に木工科があって、1年間行って、木工屋さんに就職したんだけど、なんだかイメージと違って、ついていけないっていう感じで・・早々に辞めて。それで、別の仕事についたんです。

ーー別の仕事というのは?

K 児童館です。世田谷の児童館で、30年くらいやりましたね。いろんなことするんですけど、紙芝居とかね、おゆうぎとかね、キャンプ行ったりとか。

ーーそういうこともやってらしたんですね!じゃあ子どもさんお好きなんですね〜。

K ええ、そういうことを、やってましたね。それで、仕事の中で、工作っていう遊びがあるんですよ。子ども達とものを作って、生活に役立つものを。そんなことをずっとやっていて、だんだんものを作るのがおもしろくなってきて。だけどその頃は集合住宅にいたから、できないんですよね、トンカントンカン。それであるとき、20年前くらいから、ここを見つけて、通いながら。

ーーこちらを作業場にしてらしたんですね。

K ええ、大きなものも、週末ごとにここに来て作って、車に積んで東京まで運んで。そういうような、ほそぼそ木工、でしたね〜。それで、定年退職してから、こっちに住むようになって。

ーーそれが何年前ですか?

K 9年前ですね。そのときはでも、腰を悪くして手術した直後で、1年ぐらいは、何もできなかったんです。で、だんだん回復してきて、それからは、朝から晩まで好きなように・・・!

ーーすごいうれしそうな顔してる〜!やっぱり、作るのがお好きなんですね〜。

K 今ね、息子が、となりに家作ってるんですよ、工房にするのに。あとでご案内しますけど、今は部屋の一つを工房にしていて。

J ちょっと不便なのよね。

K 小さい機械しか置けないしね。

ーー息子さんも木工を?

K ええ、職業訓練校に行って、それから家具屋にずっといて、で、思うところあって(笑)

お父さんとお母さんと一緒に暮らしたいと、住むようになって。僕のレベルじゃないけどね、全然上をいってて。

J なかなか、ポリシーを持って、やってますよ。

ーーこれから楽しみですね〜、共同で作ったりもできて。

K でもまあ、いろいろ大変みたいですよ、職業訓練校でも、入るときに言われたみたいです。自立してやっていくの大変だよ〜、それでも、やる?って。それでも、やりたいですっていう人が行くみたい。

ーーでも今ほら、岡山の、西粟倉だったかな。

K ああ、小学校使ってるところ?廃校の。

ーーそうそう、それでデザイナーとかが、家具とか、デザインして、それをそこで間伐した木で作って、売ってるっていうところがあって。やっぱり林良樹さんなんかも、そこに見学に行って。鴨川の森も、ちゃんと手を入れれば良い森になるよねって、今、「自伐型林業」っていう、小規模でできるようなことを、みんな模索して考えてるんですよ。で、その切った木をどうする?っていうのを、話してるんだけど、薪にするって言ったって、二束三文になっちゃうじゃないですか、労力の割には。だからそうやって、西粟倉みたいに、付加価値をつけて、やっていきたいねって、言ってる人達がいるんです。ぜひそうやって、鴨川の木を使って、地元の木で作りましたって、良い形で、消費者の手に届くようにしたいなあって。

K それはすごく興味ありますね。この辺もね、(木が)大変なんですよ。

ーーこんなにいっぱい資源があって、木もそうだし、果物だってなり放題で、でも使い切れなくて腐っちゃったりとか、あちこちでしてるじゃないですか、それが本当にもったいなくて。だからせっせとジャム作ったりとか、してるんですけど、個人でやるんじゃなくて、もっとコミュニティベースで、今日は梅収穫に行きますよー!とかって、やれたらまた、違うのかなあって。

J 本当に、素晴らしい環境なんですけどね。

K 活かしきれてない。

ーー活用していきたいですよね〜。

川口さんは、作品を作るのは、口コミで注文を受けて?

K そうですね。

ーーイベントの出店とかは、あまりされないですか?

K 値段をつけるのがつらくてね。売ることは売るんだけど、出店したりは、あまりしてないですね。あとは、手術でお世話になった病院の、保育園とか、小児科の待合室とかに、寄付というか、感謝の気持ちでね、送ったり。

ーーわ〜!それはいいですね!私も、保育園で働いてるんですけど、おもちゃっていったらプラスチックなんですよ。だからこうゆう、木のおもちゃがあったら本当にいいなあと思いますね。こないだうちに、何人か子どもが遊びに来たんですけど、木のおもちゃとかフェルトのおもちゃとか、やっぱりすごく喜んで遊んでて。そういうおもちゃを普及させたいなあって・・。今度、川口さんの木のおもちゃと、フェルトのおもちゃでコラボして、企画したいですね!

K 単独でやるのとはまた違って、良いですね〜。

ーーそれに、あわマネーの会員のみなさんに呼びかけて、木工ワークショップを開いたら楽しそう〜。カッティングボードとか、バターケースとか、作ってみたいなあ!夢が広がりますね〜、ぜひやりましょう!今日は、楽しいお話を、どうもありがとうございました!

Comments are closed.